Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

経済文字浮かぶプリン、中3生が開発 贈答用に発売へ


http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/201610/img/e_09612839.jpg
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/201610/img/e_09612838.jpg

 プリンにカラメルをかけると、表面にメッセージが浮かび上がる新製品が発売された。「おめでとう」「おせわになりました」などの文言を用意し、慶事や謝礼の贈答品として売り出す。

 プリンにカラメルをかけると、表面にメッセージが浮かび上がる新製品が発売された。「おめでとう」「おせわになりました」などの文言を用意し、慶事や謝礼の贈答品として売り出す。(大久保斉)

 新商品は「いっちゃんの手作り プレミアムプリン」。兵庫県加古川市の菓子工房「いっちゃんの手作りスイーツ」の中学3年生、高橋依和(いちか)さん(15)が開発した。

 加古川産のブランド卵と淡路島産の牛乳を使用。同工房の既存品に比べて卵黄の量を倍にした。注文に応じてプリンの表面に文字の型を押してメッセージを刻む。別添のカラメルを注ぐと、型押しした部分にカラメルが浸透し、メッセージが示される。

 メッセージはほかに、ありがとう▽いつまでもお元気で▽おつかれさまでした-の計5種類。文字の型は、新潟県のクッキー型の職人に制作を依頼し、ステンレスを曲げ加工して作ったという。

 高橋さんは「父の日や母の日、仕事仲間の転勤・退職などの贈り物として活用してもらえれば」と話す。

 1個360円。5個単位で販売する。メッセージは一文ごとに一律100円。自前のインターネット通販で取り扱う。近く同市内の農産物直売所や一部スーパーなどでも販売する予定。

以下ソース
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/201610/sp/0009612837.shtml

Remove all ads