Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

クルママツダがスライドドア車の開発を凍結、日本市場の子育て世代ニーズは諦めるのか


http://autoc-one.jp/mazda/special-2960099/
http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2960131/010_o.jpg

マツダがスライドドアの車両開発を凍結しているようだ。当初アメリカ市場向けに開発されたミニバンのMPV
CX-9と交代し今年3月で販売終了。次期型の予定無し。2010年に登場した欧州市場を意識した
プレマシーも次期型の開発を行っていない模様。さらに2008年登場の日本専用車ビアンテだって次期型の計画なし。

この3モデルに共通するのはスライドドアである。つまりスライドドア車を作らなくなる、ということ。
何を意味するのか?日本市場において子育て世代のユーザーを諦めるということに他ならない。
今やチャイルドシートを使うことが当たり前になったため、子供の居るファミリーにとって乗降が楽な
スライドドア車は便利。孫のいる環境においても、親子3世代で移動できるスライドドアのミニバンはニーズがある。

実際、私だって孫の誕生をきっかけにステップワゴンを購入した。こういったクルマ好き層をマツダは諦めた、
ということ。「プレマシービアンテがあるでしょう」と思うだろうけれど、もはや自動ブレーキの無いクルマなど厳しい。

マツダの実力をフルに生かせばこのカテゴリーでも面白い
なぜスライドドア車を止めたか?コストダウンとデザインのためである。
アメリカの場合、スライドドアのニーズがあるのは、全長5m級のミニバン。
激戦区のため、もし新規参入すれば大きなリスクを伴う。プレマシーの販売状況も世界的規模で厳しく、
新型車を出したって勝算薄い。ましてや日本専用車の新規開発など到底無理。
またマツダの人に聞いたのだけれど、マツダが元気になったきっかけの魂動デザインをスライドドア車で表現するのは難しいようだ。

状況は理解出来るけれど、マツダの実力をフルに生かせばこのカテゴリーで勝負しても面白い気がする。
(以下略)

Remove all ads