Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

堀江貴文「関東連合に襲われた事がある、俺が有名人だからかな?あいつらバカだよな殺されかけたよ」


『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』の中で、自身に命の危険が迫った過去を打ち明けているのが堀江貴文氏だ。
 
 同書によると、2002年頃、東京・六本木で堀江氏の誕生日パーティが開かれた時、突然、会場に「目つきのおかしい身体の大きな男たちが数人、入ってきた」という。

堀江氏の知り合いというわけではなく、後にわかったことだが、そのうちのひとりは「関東連合の元リーダー」の男性だったという。
 
 男性は2010年の市川海老蔵暴行事件、2012年の六本木フラワー襲撃事件への関与でも知られ、一升瓶を手に持って堀江氏に近づき、いきなり「表に出ろ!」とすごんできた。

堀江氏が「出るかボケ」と応じると、襲いかからんばかりに一升瓶を振り回し出したという。
 
 堀江氏に「ヤバイ、これはマズい…」と最悪の結末が頭をよぎった瞬間、周囲にいた知人がとっさの機転を利かし、人混みに紛れさせて会場の裏口から外へ逃がしてくれたという。

「当時の関東連合系のアウトローは制御がきかないヤバさで、有名人なら誰でも襲ってやろうというノリだった」
と堀江氏。
 
 こうした経験があったからか堀江氏は現在、「暴走するヤツに殺されたくないので、なるべく人混みを避けて暮らし、ひとりでの行動も避けている」という。

狭い空間で拘束される事態を避けるため、「電車やバスにもまず乗らない」といい、身の安全には最大限の注意を払っている旨も打ち明けている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161025-00000022-pseven-ent

Remove all ads