Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

レコード大賞終了三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「証拠」バーニングが1億円の請求文春


http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6709
http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/7/e/528/img_7e1eb362813a51e87dcaab50a5e911aa34214.jpg

三代目JSB 1億円でレコード大賞買収の「決定的証拠」
2016.10.26 16:01

消費税だけで800万円
 2015年末の「日本レコード大賞」をダンス&ヴォーカルグループ
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下、三代目)の曲「Unfair World」が
獲得した裏で、芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が、三代目が所属する
「株式会社LDH」に対して1億円を請求していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。

 週刊文春は1億円の請求書の写しを入手。請求書は、バーニングが通常使用するものと
書式や社印が完全に一致した。但し書きには〈年末のプロモーション業務委託費として〉
と記載されている。

 レコ大は、今年で58回目を数える老舗音楽祭だが、スポーツ紙の記者などが務める
審査委員のレコード会社やプロダクションによる買収疑惑、
談合疑惑が長らく取り沙汰されてきた。だが、これほど決定的な証拠が出てきたのは初めて。

「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。
“赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。
各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に
付き合っています」(音楽業界関係者)

 10月21日、週刊文春はバーニング、LDH、三代目のレコード会社であるエイベックスに
事実確認を求めたが、ともに期限までに回答はなかった。

 そのわずか2日後、LDH代表取締役のHIRO(47)が突如、今年限りでの社長退任を発表した。

 週刊文春10月27日発売号では、芸能界最大のタブーの一つである「レコ大買収」について、詳細に報じる。

Remove all ads